日本ブルーフラッグ協会は、
国際環境認証「ブルーフラッグ」の取得支援を通して、
日本の海の豊かさを守ります

ブルーフラッグとは、国際NGO FEE(国際環境教育基金)が実施する
ビーチ・マリーナ・観光用ボートを対象とした世界で最も歴史ある国際認証制度です。
①水質、②環境教育と情報、③環境マネジメント、④安全性・サービスの4分野、30数項目の認証基準を
達成すると取得でき、毎年の審査を通じて、ビーチやマリーナ等における持続可能な発展を目指しています。

出典:https://www.blueflag.global

ABOUT US

日本ブルーフラッグ協会について

日本ブルーフラッグ協会は、日本で唯一のブルーフラッグ取得支援を専門とする団体です。
当法人では、日本のブルーフラッグ運営組織である一般社団法人JARTAと連携し、ブルーフラッグの取得支援及び普及促進を通じて、
海辺からのSDGsの実現に貢献するとともに、日本の海の豊かさを守り、持続可能な社会の発展に寄与していきます。

法人名一般社団法人日本ブルーフラッグ協会
設立日2022年4月1日
代表理事片山清宏
所在地〒251-0027 神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡3-9-29
電話番号090-9017-2459
メールアドレスinfo@blueflag-japan.org
目的国際NGO「FEE(Foundation for Environmental Education:国際環境教育基金)」が実施するビーチ・マリーナ・観光用ボートを対象とした国際環境認証「ブルーフラッグ」の取得支援及び普及促進を通じて、日本の海の豊かさを守り、持続可能な社会の発展に寄与することを目的とする。
事業内容・国際環境認証「ブルーフラッグ」に関する情報提供・相談事業
・国際環境認証「ブルーフラッグ」に関する調査・取得支援事業
・国際環境認証「ブルーフラッグ」に関する環境教育事業
・国際環境認証「ブルーフラッグ」に関する研修・人材育成事業
・国際環境認証「ブルーフラッグ」に関するイベント事業
・国際環境認証「ブルーフラッグ」に関する普及啓発・情報発信事業

ARCHIVES

活動実績